ディーンズ製品について
 英国ディーンズ社は1951年、世界に先駆けてペット自然ハーブ食餌療法を英国動物学会に発表した企業で、創業以来半世紀にわたって一貫して合成化学物質の危険性を唱え、より自然でより健康な製品群を発表し続けています。

 こうしたディーンズ社のタブレット製品類は、英国動物薬委員会(MCA)の製造ライセンスを取得した上で製造されています。
 ディーンズのハーブ製品は何種類も組み合わせて使用することが可能で、目的や必要に応じて数種類を組み合わせて与えることにより、より高い効果が期待できます。日常の健康管理に、サプリメントとして与えてください。 与える錠剤(タブレ)の数は、それぞれの容器に示されている量を与えて下さい。目安となる体格として「小型犬」「中型犬」といった書き方がされています。それぞれの目安は、下記の表の通りになります。

体 格
超小型犬
小型犬
中型犬
大型犬
超大型犬
体 重
4,5キロ程度
〜10kg
〜20kg
〜45kg
45kg以上

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ガーリック・タブレ&リキッドガーリック

 ニンニクには昔から抗菌作用や滋養強精の効果があることが知られています。また、虫よけとしても用いられてきました。

 ガーリックタブレの成分は、ニンニクパウダー、ニンニクオイルです。全身の免疫機能を高めたい時、毎日のご使用をお薦めします。米びつにガーリックタブレを入れておくことで、虫よけの効果があります。

 リキッドガーリックは、傷口に直接吹きつけても刺激がなく、傷口を清潔に保ち、傷の早い治りを助けます。臭いを犬が嫌がることもなく、また傷口にスプレーしても痛みはありません。蚤除けのために被毛にスプレーすることも可能です。

 ニンニクを与えることによって、タマネギと同じような溶血作用があるのでは?という心配の声を聞きますが、適量であれば長期間継続使用しても特に問題はみられませんので安心してお使いください。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

グリーンリーフ・タブレ

 グリーンリーフ・タブレの主成分であるイラクサには、自然の抗炎症作用があります。
 これが関節炎やリウマチの症状を緩和する手助けをします。また、湿疹や皮膚炎といった皮膚のトラブルを軽減することにも役立ちます。
 イラクサにはこのような抗炎症作用の他、利尿作用もあります。有毒物質を体内から排除する手助けにもなり、腎臓、肝臓をはじめ膀胱のトラブルにも適しています。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ホップ・タブレ

 ホップには神経を静める作用があり、過剰興奮、過度のムダ吠えなどに効果を表します。しかしながら特効薬的に即効で効くものではありませんので、2,3週間継続的に与えることをおすすめします。それと同時に、このような「問題行動」が見られる場合はトレーニングをはじめ、環境を整えるなど総合的な対応をしていく、あるいは専門家に相談することをおすすめします。
 個々の犬の興奮度や精神的な状態が健康な犬として普通のレベルのものなのか、あるいは過剰気味であるのかの判断も冷静にする必要があります。自分の犬が過剰興奮気味であると訴えるケースの何割かは、単に運動不足や欲求不満などからくる場合も多いものです。まずは生活のペース、運動量などが犬の年齢や体力、要求に見合っているかどうかを考慮する必要があるでしょう。

 なお、ホップタブレは、生後10ヶ月未満の仔犬に与えることはおすすめしていません。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ペパーミント・タブレ

 ペパーミントには、胃腸機能を調整する働きがあります。

 胃腸が弱い、消化不良気味など、消化器系のトラブルが多い場合(ちょっとしたことで下痢をしやすい、何かがあるとすぐに吐く、ゲップをよくするなど)おすすめします。また、食欲不振の時にもお試しください。

 神経過敏気味で、精神的なことが原因で消化器系トラブルが起こると考えられる場合や乗り物酔いしやすい子などは、ホップ・タブレとの併用もおすすめです。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ベアベリー・タブレ

 ベアベリー・タブレはオリジナルの名称が「kidney =腎臓」となっているとおり、腎臓系、泌尿器系のトラブルや、膀胱のトラブルに対応します。

 膀胱炎を繰り返していた子が、ベアベリー・タブレを日常的に使用するようになってから特に問題がなくなったという話が実際にあります。尿路系で不安を感じた時にお使いください。また、利尿作用があることで知られるタンポポを主要成分としたダンドリオン・タブレと併用するとより効果が高まります。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ダンドリオン・タブレ

 オリジナルの名称は「kidney =肝臓」となっているように、肝臓系のトラブルに対応します。

 タンポポには利尿作用がありますので、泌尿器系にトラブルがある場合にも応用できます。(この場合、ベアベリー・タブレとの併用が効果的です)

 肝機能に不安がある場合、有毒物質の排除を手助けするグリーンリーフ・タブレと併用するとよいでしょう。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

月見草オイル

 9〜10%のガンマリノール酸を含有する月見草オイルは、アレルギーをはじめとして、皮膚や被毛の状態を改善し、良好な状態を保つのに効果的です。

 体重10キロに対して一日1カプセルの投与が目安となります。抗菌作用と免疫力を高める働きがあるガーリック・タブレや抗炎症効果のあるグリーン・リーフタブレとの併用でより効果が高まります。

月見草オイルは発作を引き起こす可能性があるため、テンカンがある個体には使用しないで下さい。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

スキンバーム

 オイル成分は、ショウノウ、ティーツリー、アメリカヤマゴボウです。
 ショウノウは抗炎症、抗ウィルス、抗菌及び防腐作用があり、ティーツリーは抗菌性、抗真菌作用が実証されています。これらが炎症・湿疹・白癬など真菌性の皮膚トラブルや切り傷・かすり傷などに有効です。

 スキンバームは少々臭いがきついのですが、犬はほとんど嫌がることはありません。全身状態の改善の意味で、グリーンリーフ・タブレやガーリック・タブレ、月見草オイルと併用するとより効果的です。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

オールインワン・タブレ

 パセリ、ウォータークレソン、海藻、小麦胚芽油、ニワトコを主成分とするオールインワン・タブレは、健康状態の改善、維持に有効な総合補助栄養剤です。毎日与えることにより、ビタミン、ミネラル、微量元素が素早くはたらきます。仔犬や仔猫、病中や病後の回復時、妊娠中の個体や、老齢のペットに特に有益です。また、オールインワンを与えることによって被毛の状態を良くしたり、色素の改善にも役立ちます。
 総合的な健康状態の改善・管理に継続的に与えることをおすすめします。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

グリーン・リップド・マッセル(緑イ貝)

 原産国ニュージーランドでも最高品質の緑イ貝だけを使用し、グルコサミンを大量に含有しています。
 緑イ貝(グリーン・リップド・マッセル)エキスには、炎症を抑制する作用(抗炎症作用)と滋養強壮作用があります。リウマチ、骨関節炎、腰痛などの痛みや炎症を和らげ、関節の動きをスムーズにします。緑イ貝エキスに含まれるムコ多糖体(コンドロイチン硫酸とグルコサミン)が、内膜と潤滑を強化し、関節を保護する軟骨保護作用となります。
 老齢犬にありがちな、加齢による関節の痛みの緩和に役立ちます。グリーンリーフ・タブレとの併用で、更に効果が期待できます。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


ディーンズのページに戻る

Copyright (c) 2000-2004, Fine Phoebe, all right reserved.