プレミアカラーの特長

 プレミアカラーは、いわゆる「マーティンゲル」と呼ばれるタイプのナイロン製の首輪です。ひと言でその特長を言うならば、機能的かつ安全である、といえるでしょう。以 下、他の通常の首輪とその違いを比較してみましょう。


チョーク・チェーン、スリップ・カラー類
 これらは、リードを引くと犬の首が締まるようにできています。そのため、リードさえついていれば首輪がすっぽり抜けてしまうことはまずありませんが、力がかかればその分首がずっと締めつけられることになり、使い方を誤ると危険です。意外にこのタイプの首輪による事故は少なくありません。そのため、この首輪を使っている時に犬をどこかに係留(繋ぐ)ことは時に犬の命に関わるほど危険な行為です。

固定式の首輪
 革製、ナイロン製などがあります。この首輪は首が締まりっぱなしになることはありません。しかしながら通常は指二本分ほどのゆるみをもって装着するのが普通で、このゆるみがある分、犬が急に後ろにずり下がったりした場合に首抜けをすることがよくあります。犬種にも多少よりますが、指二本分のゆとりは犬が首輪を自分ですり抜けるのに十分な場合が多くあります。また、正しいサイズでない場合、特に大きすぎる場合に首抜けは起こりやすくなり、状況によっては危険です。
 固定式の首輪は脱着の度にきちんとした位置合わせが必要で、脱着が面倒かもしれません。


プレミアカラー

 プレミアカラーは上記二つのタイプの首輪のそれぞれ良い部分を合わせ持っています。

 リードを引けばプレミアカラーは締まります。しかし、一定の場所で(首とぴったりのサイズ)止まり、それ以上首を締めつけることはありませんので、チョークやスリップによる絞首事故はありません。首とぴったりの長さにきちんと首輪を合わせていれば犬が急に後すざリしても首抜けもまずありません。また締まりっぱなしにならないため、犬を係留しても安全です。 (ただし、係留している間にリードや首輪を齧るような場合、壊れますのでご注意ください)

 リードをつけて引いた状態でない時は、上の写真のようにプレミアカラーは十分ゆるみをもっており、首輪の脱着も楽にできます。また、犬自身に負担はありません。

 中・大型犬の場合、左図のようにプレミアカラーの小さいループ(通常リードを付ける方)を持って手元で犬のコントロールもできます。

ご使用の際は下記の注意書きもお読み下さい(スクロールダウンしてください)


プレミアカラーの正しいサイズの合わせ方と選び方

 首周りは、ゆるみなく、ピッタリの長さに合わせます。
 プレミアカラーの大きな方の輪に犬の首を通し、リードをつける小さな輪の方を引いて締まるようにすると、右の写真のように大きい輪の二つのリングが重なります。その大きな輪の全体の長さが犬の首回りにピッタリ、つまり首に沿って余裕が全くない長さとなるように調節します。
 サイズがちょうど中間になってしまう場合は(Mだとギリギリ、Lだと大きめ)余裕をもって一つ大きいサイズでのご使用をおすすめします。(この場合L)

 確実なサイズをお選びいただく為、使用される犬の首回りの長さを緩みなくぴったり計った上で下のサイズ表からお選びください。
サイズ
首回り(cm)
幅(cm)
価 格
おおよその目安となる犬種の例(あくまでも目安ですので個体差・性差があります)
P
12.5〜18cm
1cm
1,400
 超小型犬:チワワ、ポメ、トイ・プードル(小振り)、ヨーキー、パピヨン、他
 目安として、トイプードルなどは3キロ程度までの子です。
S
18〜30cm
約2cm
1,500
 小〜中型犬:シーズー、M・シュナウザー、M・プードル、コッカー、ビーグル他
M
25〜40cm
約2cm
1,600
 中型犬:アフガン、コーギー、柴犬、フラット(♀)、ゴールデン(♀)
 ラブ(♀ or 27kg 程度まで)、スタンダード・プードル他
L
35〜50cm
約2.5cm
1,700
 中・大型犬:シェパード、ラブ(♂ or 30kg 以上)、ゴールデン(♂)、ドーベルマン他
XL
45cm〜70m
約2.5cm
2,000  超大型犬:ピレニーズ、バーナード、マラミュート、ニューファウンドランド 他
 製造中止となっていますが、若干在庫があります。色などお問い合わせください。
<ご注意>

プレミアカラーは正しいサイズできちんと調節をした上で適切に取り扱う限りにおいては安全です。
サイズ選びや調整の間違い、取り扱いの不良による事故につきましてはこの限りではありません。

プレミアカラーはナイロン製のため、犬がかじってしまうと壊れてしまいます。
首輪に慣れない仔犬がリードをつける方の小さいループを齧らないようご注意ください。
特に短頭犬種やマズルが短めの犬の場合、成犬でもこの小ループに口が届く子がいます。
齧る子はあっと言う間に壊してしまいますので、目の届かない時は外すなどしてください。
また、どうしてもかじる場合は別のタイプの首輪の方が安全な場合もありますので、それぞれでご判断の上ご使用ください。
また、外した首輪は犬の手足・口の届かない所に確実に保管してください。

カラーのページに戻る

********************************************************************
トップページへ戻る

Copyright (c) 2000-2015, Fine Phoebe, all right reserved.